【ジャイプール観光】ブロックプリントのアノーキー博物館へ!

アノーキー博物館の入口

こんにちは、さいのです。

少し前まではブルーシティと呼ばれるジョードプルにいた私ですが、今はピンクシティと呼ばれるラジャスタン州の州都ジャイプールにおります。

インドの布好きの間では有名なアノーキーANOKHIというブランドがあります。今回はそのブランドの博物館に行ってきたのでその模様をまとめておきます。

アノーキー博物館とは?

木版とプリントした布

そもそも、「ブロックプリント」や「アノーキー」ってなんなん?と思っている方もいるでしょう…インドはテキスタイル(布)大国で各地域で様々な染めや織り、刺繍などが行われています。

そんな中、ラジャスタン州ジャイプール付近では木に図柄を彫り木版をつくりそこにインクを着けて布に図柄を押していくブロックプリントという技法が昔から行われてきました。そして、そのブロックプリントを使用して外国人にも受けるブランドを作り上げたのがアノーキーなのです。実は、アノーキーの創業者もイギリス人なんだとか。

アノーキーはアパレル・雑貨ブランドとして人気でインドの主要都市には大体あるんじゃないかと思います。お店検索はこちら(Our Shops – Anokhi )からチェックしてみてください。ジャイプールにも、博物館とは別に街中にアノーキーのお店あるのでこちらも後述しますね。

さて、そんなアノーキー博物館には何があるのかというと…ブロックプリントの手仕事をより多くの人に知ってもらい伝統技術を守るために、関連する道具やデザインの展示、またブロックプリントの職人さんが実際に作業をしている風景などを見ることができます。

行き方・アクセス

ジャイプールのおすすめ観光スポットの1つでもあるアンベール城から徒歩で10分ほどの場所にアノーキー博物館はあります。ジョードプルの市内から少し離れており車で30分ほどかかりますが、その分景色は格別で行く価値はありです。

なので、アンベール城に行くなら一緒にアノーキー博物館も…アノーキー博物館に行くならアンベール城も一緒に見て回るのがおすすめです。

私はまだアンベール城には行っていないのですがそびえ立つお城は圧巻でした…周辺には屋台などはありますが、本格的なごはん屋さんなどはなかった印象です。

2019年5月15日〜7月15日までは観光地がオフシーズンのため、閉館!


そう、私は閉館の時に博物館を訪れてしまいました…それでも一部分だけ見せてもらえたのでココから先はその時の模様をお伝えしますね!

ブロックプリントの作業風景を見学

図柄と下書き

今回は主に木にデザインを彫っていく作業と、出来上がった木版にインクをつけ布にデザインを押していく作業を見せてもらいました。彫る人がいれば、こういう図柄を木に落とし込んでいく人もいるわけで…面白いですね。

図柄を彫っているところ

なんと最初はこの火起こしができそうな道具で穴を開けていきます。大体穴が開いたらそこからは鉄性の彫刻刀のようなもので形をつくっていきます。

彫られた図柄

動画はこちらからどうぞ。


実演してくれたのはお花の総柄でしたが、他にも色々な図柄の木版が置いてありました。ほんと、線が細くてこんな繊細な模様を彫れるのはすごいですね…見せてくれたおじさんは、この道40年の人らしいです。

木版

他にも色々なデザインがありますよ。繊細な線で描かれたデザインってなぜかとても美しいですね。

様々な図柄

さて、続いては2階に移動します。途中、ブロックプリントに使用されるインクの原料が展示されていました。自然界のものを使って何種類もの色を出すんですよね。

インクに使用する材料

オフシーズンなのに…と面倒臭そうなおじいちゃんの後について作業台にたどり着きました。このデザインでは2種類のインクを使用していますね。使っていた木版は4種類。黒い枠を押していく木版と、中の青い色を塗っていく木版です。

木版と図柄が押された布

インクはこんな感じになっています。

インク

なんかわからないけどふうふう言いながらおじいちゃんが作業を見せてくれました。リズミカルに押していきます。(そのためにふう、ふう、て言う必要があったのかな…)

図柄を押していくおじいさん

青色もきれいな色ですね〜。

木版と図柄

そして最後はこちら。これは5色使っているんだ。と言ってまた別のおじいちゃんが説明をしてくれました。このハンカチみたいなのはもらいました。オンシーズンだったらおそらくこれ、体験できるやつでしょうね。

ハンカチと木版

さて、私が今回見れたのはこれだけだったので…もしまたちゃんとオープンしている時に来たら追記したいと思います。

オフシーズンに来ることの良いことは、入館料がかからないことかな…笑。その他言った人の口コミについてトリップアドバイザーでチェックしてみてください〜。

アノーキ博物館 Anokhi Museum

営業時間:火〜土 10:30〜17:00 日 11:00〜16:30
実演なし:金 13:00〜14:30 その他 13:30〜14:00
休館日:月、祝日 ※5月〜7月のオフシーズンは休館あり、要事前チェック
住所:Anokhi Haveli, Near Badrinath Temple, Kheri Gate, Amber, Amer, Jaipur
Webサイト:Anokhi Museum of Hand Printing – Visit

※2019/06/05時点の情報です

アノーキーのお店・カフェ@ジャイプール

アノーキー博物館にも商品は置いてあるそうですが、ジャイプールの街中にはアノーキー本店があります。ワンピース、スカート、ストール、ベッドカバー、枕カバー、ポーチなどの雑貨…買い物をするのであれば本店に行ったほうが品揃えは豊富だそうです。(すみません…博物館には何も置いてなかったもので又聞き情報…閉館中だったもので…

また、アノーキー本店にはカフェも併設されているんです…!しかもおしゃれでハイソな感じですよ。。


本店やカフェの様子はまた別の記事で紹介しますね。

まとめ

さて、今回はインドの可愛いブロックプリントのブランドアノーキーの博物館を紹介しました。

私から言えることは1つ。オフシーズンに来ても閉館してるよ!!!!ってことなので、よろしくおねがいします。