【ジャイプル】宮殿ホテルに泊まるならコスパ良いここがおすすめ!

宮殿ホテルの入り口

こんにちは、さいの(@meranamerikohai)です。

マハラジャ気分が味わえる宮殿ホテル、1度は泊まってみたいですよね…宮殿ホテルの多いラジャスタン、ジャイプールは中でもその数が多いようです。

お金持ちではない私は、今回そんな宮殿ホテルの中でもお手頃なUmaid Bhawan Heritage Style Hotel(ウメイドバワンヘリテージスタイルホテル)に泊まってきましたので紹介していきます〜。

ジャイプールはなぜ宮殿ホテルが多い?

ジャイプル風の宮殿Photo by Ibrahim Rifath on Unsplash

淡いピンク色の建物の多いことからピンクシティと呼ばれるジャイプール。ホテルサイトなどで宮殿ホテルを調べていてもジャイプルはその数が多い気がします。なぜなのでしょうか?少し調べてみました。

ジャイプールの地は、11世紀頃から1947年まで続いたジャイプル藩王国の首都として栄えました。厳密には、今のジャイプルに首都が移ったのが1727年でそれ以前は、アンベール城のある辺りが首都だったようです。イギリス統治下の時代においても、一定額の税を納めることで領内の自治権は許されていたと言います。

首都として栄えたのですから、藩王などの王族(マハラジャ)が多く住んでいたということがわかります。必然的にマハラジャの住む宮殿も多くなったのでしょう。観光スポットとして有名なシティ・パレスには今なおマハラジャが居住しています。

参考:ジャイプル-Wikipedia

Umaid Bhawan Heritage Style Hotelとは

ジョードプルのUmaid Bhawan PalacePhoto by Ankit Gupta from Pexels

上の写真はジョードプルにあるUmaid Bhawan Place(ウメイドバワン宮殿)です。Umaid=マハラジャの名前Umaid Singh(ウメイド・シン)の一部、Bhawan=ヒンディー語で建物という意味です。

今回泊まったジャイプールのUmaid Bhawan Heritage Style Hotelも、ジョードプルのUmaid Bhawan Palaceと同じく王族(マハラジャ)であるラトール族が住んでいた とされています。

このホテルは、繊細な彫刻やペインティング、アンティークの家具、マハラジャの肖像画などラジャスタンの伝統的な要素がふんだんで、まあ、とにかく可愛いです!トリップアドバイザーやロンリープラネットなどでも人気のホテルです。

場所は、ジャイプールの鉄道駅からほど近い場所にあります。大通りから1本入った道の行き止まりに建っており静かです。周辺には、小さなコンビニのような店やホテルが何軒かありました。

実際に泊まってきた!

それでは、ここからは実際に泊まってきた感想をまとめていきます!まずは写真でホテルを紹介していきます。

夜のホテル外観

ホテルの外観です。入口のペイントがすでに緻密すぎる…!遠目から見るとちょっと中華っぽい雰囲気ありますね…右の方…明かりの醸し出す雰囲気がすてきです。

ホテルのロビー

ホテルの受付が終わってロビーの写真です。マハラジャと思わしき人物たちの肖像画がたくさん飾ってありました。

ホテルの廊下

ホテル内は真ん中が吹き抜けのようになっていて光が差込み、清々しいです。ガネーシャさんも気持ちよさそうです。

部屋のベッド

今回は、シングルベッド2台の部屋に泊まりました。宿泊サイトで見てみると、部屋によって結構内装や配置が違うので他の部屋も泊まってみたいところ…

部屋の椅子

ベッドの隣には椅子も。1回も使わなかったですが…

部屋の中

部屋の奥に鏡台とシャワー・トイレの洗面所があります。察しの良い方はお気づきかもしれませんが、そう、部屋はそんなに広くありません。笑

部屋の洗面所

洗面所はきれいです!これはさすが!お湯もしっかりでます。トイレットペーパーの一巻きがなぜか少ないので、2人で2泊で6つも使いました(!)

部屋の天井

部屋で一番好きだったのがこの天井…いや、可愛すぎではないでしょうか。ただ寝っ転がって天井撮影しただけなのになんでこんなに絵になるんでしょうか。

ちなみにホテルの敷地内から外に出る出口はこんな感じです。かわいいいいいいい。

ホテルの入口

すみません、朝食・夕食の写真やプールの写真は撮り忘れました…

良かった点

実際に宿泊してみてよかった点です。

宮殿ホテルにしては値段が安い・コスパ良い

はい、これが泊まる決め手になりました。今回、2人で2泊で1万円でした。なので、1人1泊2500円です。え、安くないですか…しかも朝食ビュッフェ付きですよ。

有名所になると、ジャイ・マハール・パレスとかは少しお値段上がって1泊2万円くらい〜になっていますね。ただ、ジャイプールは、宮殿ホテルが多いだけあり他にも同じくらいの値段で泊まれるところが結構あるみたいなので(今知った)探し見ても良いかも!

ジャイプールのホテルを探す 

内装・外装がとにかく可愛い

Umaid Bhawan Heritage Style Hotelと比べて他に豪華な宮殿ホテルはいっぱいあると思います。でも、ここのホテルはこじんまりとした空間に詰め込まれた可愛さでは結構上位なんじゃないのかなあと他のホテル見ながら(ネット上で笑)思いました。

ホテル宿泊中に何度「え〜可愛い〜」と口にしたことか…

朝食ビュッフェが美味しい

朝食はビュッフェだったのですが、種類も多く味も美味しく満足でした!食パンを始め、日本でいうチャーハンのようなポワ、パラタ、プーリー、パンケーキ、バジル系のトマトやじゃがいも、フルーツ、などなど。卵は席に着いてからオムレツやスクランブルエッグなど好きなものを作ってくれます。

イマイチだった点

続いてイマイチだった点。というよりも、「宮殿ホテル」と言うだけで多少ハードルが上がってしまうと思うので別に気にならないと言えば気になりません^^;

英語?話?が通じない場面があった

フロント以外で、英語が通じてないのかわかりませんが話が通じない場面が何度かありました。例えば、朝食の時に頼んだはずのオムレツが頼めていなかったり…同じ人に声かけたんですがまるで覚えてなかった…笑。ランドリーについて電話すると話通じなくてフロントに連絡してくれと言われたり…だったら全部フロントにかかるようにしたらいいのに…笑

少し狭いかも

(ネットの写真でみた)他の宮殿ホテルのように庭がなかったり、部屋が狭かったりと少し窮屈さは感じるかもしれません。まあこの値段なので特に気にならないのですが、他の宮殿ホテルを知っている人からしたら気になるかなあくらいの点です。

まとめ

今回は、ジャイプールにあるお手頃な宮殿ホテルUmaid Bhawan Heritage Style Hotel(ウメイドバワンヘリテージスタイルホテル)についてレポしてきました〜!

ジャイプールはデリーからも飛行機で1時間と、行く機会も多いかもですよね〜。ぜひ宮殿ホテルで1泊してみてください!!

最安値・空き状況をトリップアドバイザーでチェック 

それでは〜。